検索

4.3.2. 新規 etcd ホストの手動による追加

download PDF

etcd をマスターノードで静的 Pod として実行しない場合、別の etcd ホストを追加する必要が生じる場合があります。

手順
現在の etcd クラスターの変更

etcd 証明書を作成するには、値を環境の値に置き換えて openssl コマンドを実行します。

  1. 環境変数を作成します。

    export NEW_ETCD_HOSTNAME="*etcd0.example.com*"
    export NEW_ETCD_IP="192.168.55.21"
    
    export CN=$NEW_ETCD_HOSTNAME
    export SAN="IP:${NEW_ETCD_IP}, DNS:${NEW_ETCD_HOSTNAME}"
    export PREFIX="/etc/etcd/generated_certs/etcd-$CN/"
    export OPENSSLCFG="/etc/etcd/ca/openssl.cnf"
    注記

    etcd_v3_ca_* として使用されるカスタムの openssl 拡張には、subjectAltName としての $SAN 環境変数が含まれます。詳細は、/etc/etcd/ca/openssl.cnf を参照してください。

  2. 設定および証明書を保存するディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p ${PREFIX}
  3. サーバー証明書要求を作成し、これに署名します (server.csr および server.crt)。

    # openssl req -new -config ${OPENSSLCFG} \
        -keyout ${PREFIX}server.key  \
        -out ${PREFIX}server.csr \
        -reqexts etcd_v3_req -batch -nodes \
        -subj /CN=$CN
    
    # openssl ca -name etcd_ca -config ${OPENSSLCFG} \
        -out ${PREFIX}server.crt \
        -in ${PREFIX}server.csr \
        -extensions etcd_v3_ca_server -batch
  4. ピア証明書要求を作成し、これに署名します (peer.csr および peer.crt)。

    # openssl req -new -config ${OPENSSLCFG} \
        -keyout ${PREFIX}peer.key \
        -out ${PREFIX}peer.csr \
        -reqexts etcd_v3_req -batch -nodes \
        -subj /CN=$CN
    
    # openssl ca -name etcd_ca -config ${OPENSSLCFG} \
      -out ${PREFIX}peer.crt \
      -in ${PREFIX}peer.csr \
      -extensions etcd_v3_ca_peer -batch
  5. 後で変更できるように、現在の etcd 設定および ca.crt ファイルをサンプルとして現在のノードからコピーします。

    # cp /etc/etcd/etcd.conf ${PREFIX}
    # cp /etc/etcd/ca.crt ${PREFIX}
  6. 存続する etcd ホストから、新規ホストをクラスターに追加します。etcd メンバーをクラスターに追加するには、まず最初のメンバーの peerURLs 値のデフォルトの localhost ピアを調整する必要があります。

    1. member list コマンドを使用して最初のメンバーのメンバー ID を取得します。

      # etcdctl --cert-file=/etc/etcd/peer.crt \
          --key-file=/etc/etcd/peer.key \
          --ca-file=/etc/etcd/ca.crt \
          --peers="https://172.18.1.18:2379,https://172.18.9.202:2379,https://172.18.0.75:2379" \ 1
          member list
      1
      --peers パラメーター値でアクティブな etcd メンバーのみの URL を指定するようにしてください。
    2. etcd がクラスターピアについてリッスンする IP アドレスを取得します。

      $ ss -l4n | grep 2380
    3. 直前の手順で取得されたメンバー ID および IP アドレスを渡して、etcdctl member update コマンドを使用して peerURLs の値を更新します。

      # etcdctl --cert-file=/etc/etcd/peer.crt \
          --key-file=/etc/etcd/peer.key \
          --ca-file=/etc/etcd/ca.crt \
          --peers="https://172.18.1.18:2379,https://172.18.9.202:2379,https://172.18.0.75:2379" \
          member update 511b7fb6cc0001 https://172.18.1.18:2380
    4. member list コマンドを再実行し、ピア URL に localhost が含まれなくなるようにします。
  7. 新規ホストを etcd クラスターに追加します。新規ホストはまだ設定されていないため、新規ホストを設定するまでステータスが unstarted のままであることに注意してください。

    警告

    各メンバーを追加し、1 回に 1 つずつメンバーをオンライン状態にします。各メンバーをクラスターに追加する際に、現在のピアの peerURL 一覧を調整する必要があります。peerURL 一覧はメンバーが追加されるたびに拡張します。etcdctl member add コマンドは、以下に説明されているように、メンバーを追加する際に etcd.conf ファイルで設定する必要のある値を出力します。

    # etcdctl -C https://${CURRENT_ETCD_HOST}:2379 \
      --ca-file=/etc/etcd/ca.crt     \
      --cert-file=/etc/etcd/peer.crt     \
      --key-file=/etc/etcd/peer.key member add ${NEW_ETCD_HOSTNAME} https://${NEW_ETCD_IP}:2380 1
    
    Added member named 10.3.9.222 with ID 4e1db163a21d7651 to cluster
    
    ETCD_NAME="<NEW_ETCD_HOSTNAME>"
    ETCD_INITIAL_CLUSTER="<NEW_ETCD_HOSTNAME>=https://<NEW_HOST_IP>:2380,<CLUSTERMEMBER1_NAME>=https:/<CLUSTERMEMBER2_IP>:2380,<CLUSTERMEMBER2_NAME>=https:/<CLUSTERMEMBER2_IP>:2380,<CLUSTERMEMBER3_NAME>=https:/<CLUSTERMEMBER3_IP>:2380"
    ETCD_INITIAL_CLUSTER_STATE="existing"
    1
    この行で、10.3.9.222 は etcd メンバーのラベルです。ホスト名、IP アドレスまたは単純な名前を指定できます。
  8. サンプル ${PREFIX}/etcd.conf ファイルを更新します。

    1. 以下の値を直前の手順で生成された値に置き換えます。

      • ETCD_NAME
      • ETCD_INITIAL_CLUSTER
      • ETCD_INITIAL_CLUSTER_STATE
    2. 以下の変数は、直前の手順で出力された新規ホストの IP に変更します。${NEW_ETCD_IP} は、値として使用できます。

      ETCD_LISTEN_PEER_URLS
      ETCD_LISTEN_CLIENT_URLS
      ETCD_INITIAL_ADVERTISE_PEER_URLS
      ETCD_ADVERTISE_CLIENT_URLS
    3. メンバーシステムを etcd ノードとして使用していた場合には、/etc/etcd/etcd.conf ファイルの現在の値を上書きする必要があります。
    4. ファイルで構文エラーや欠落している IP アドレスがないかを確認します。 エラーや欠落がある場合には、etced サービスが失敗してしまう可能性があります。

      # vi ${PREFIX}/etcd.conf
  9. インストールファイルをホストするノードでは、/etc/ansible/hosts インベントリーファイルの [etcd] ホストグループを更新します。古い etcd ホストを削除し、新規ホストを追加します。
  10. 証明書、サンプル設定ファイル、および ca を含む tgz ファイルを作成し、これを新規ホストにコピーします。

    # tar -czvf /etc/etcd/generated_certs/${CN}.tgz -C ${PREFIX} .
    # scp /etc/etcd/generated_certs/${CN}.tgz ${CN}:/tmp/
新規 etcd ホストの変更
  1. iptables-services をインストールして etcd の必要なポートを開くために iptables ユーティリティーを指定します。

    # yum install -y iptables-services
  2. etcd の通信を許可する OS_FIREWALL_ALLOW ファイアウォールルールを作成します。

    • クライアントのポート 2379/tcp
    • ピア通信のポート 2380/tcp

      # systemctl enable iptables.service --now
      # iptables -N OS_FIREWALL_ALLOW
      # iptables -t filter -I INPUT -j OS_FIREWALL_ALLOW
      # iptables -A OS_FIREWALL_ALLOW -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 2379 -j ACCEPT
      # iptables -A OS_FIREWALL_ALLOW -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 2380 -j ACCEPT
      # iptables-save | tee /etc/sysconfig/iptables
      注記

      この例では、新規チェーン OS_FIREWALL_ALLOW が作成されます。 これは、OpenShift Container Platform インストーラーがファイアウォールルールに使用する標準の名前になります。

      警告

      環境が IaaS 環境でホストされている場合には、インスタンスがこれらのポートに入ってくるトラフィックを許可できるように、セキュリティーグループを変更します。

  3. etcd をインストールします。

    # yum install -y etcd

    バージョン etcd-2.3.7-4.el7.x86_64 以降がインストールされていることを確認します。

  4. etcd Pod 定義を削除して、etcd サービスが実行されていない状態にします。

    # mkdir -p /etc/origin/node/pods-stopped
    # mv /etc/origin/node/pods/* /etc/origin/node/pods-stopped/
  5. etcd 設定およびデータを削除します。

    # rm -Rf /etc/etcd/*
    # rm -Rf /var/lib/etcd/*
  6. 証明書および設定ファイルを展開します。

    # tar xzvf /tmp/etcd0.example.com.tgz -C /etc/etcd/
  7. 新規ホストで etcd を起動します。

    # systemctl enable etcd --now
  8. ホストがクラスターの一部であることと現在のクラスターの正常性を確認します。

    • v2 etcd api を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      # etcdctl --cert-file=/etc/etcd/peer.crt \
                --key-file=/etc/etcd/peer.key \
                --ca-file=/etc/etcd/ca.crt \
                --peers="https://*master-0.example.com*:2379,\
                https://*master-1.example.com*:2379,\
                https://*master-2.example.com*:2379,\
                https://*etcd0.example.com*:2379"\
                cluster-health
      member 5ee217d19001 is healthy: got healthy result from https://192.168.55.12:2379
      member 2a529ba1840722c0 is healthy: got healthy result from https://192.168.55.8:2379
      member 8b8904727bf526a5 is healthy: got healthy result from https://192.168.55.21:2379
      member ed4f0efd277d7599 is healthy: got healthy result from https://192.168.55.13:2379
      cluster is healthy
    • v3 etcd api を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      # ETCDCTL_API=3 etcdctl --cert="/etc/etcd/peer.crt" \
                --key=/etc/etcd/peer.key \
                --cacert="/etc/etcd/ca.crt" \
                --endpoints="https://*master-0.example.com*:2379,\
                  https://*master-1.example.com*:2379,\
                  https://*master-2.example.com*:2379,\
                  https://*etcd0.example.com*:2379"\
                  endpoint health
      https://master-0.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 5.011358ms
      https://master-1.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 1.305173ms
      https://master-2.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 1.388772ms
      https://etcd0.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 1.498829ms
各 OpenShift Container Platform マスターの変更
  1. すべてのマスターの /etc/origin/master/master-config.yaml ファイルの etcClientInfo セクションでマスター設定を変更します。新規 etcd ホストを、データを保存するために OpenShift Container Platform が使用する etcd サーバーの一覧に追加し、失敗したすべての etcd ホストを削除します。

    etcdClientInfo:
      ca: master.etcd-ca.crt
      certFile: master.etcd-client.crt
      keyFile: master.etcd-client.key
      urls:
        - https://master-0.example.com:2379
        - https://master-1.example.com:2379
        - https://master-2.example.com:2379
        - https://etcd0.example.com:2379
  2. マスター API サービスを再起動します。

    • すべてのマスターのインストールに対しては、以下を実行します。

      # master-restart api
      # master-restart controllers
      警告

      etcd ノードの数は奇数でなければなりません。 そのため、2 つ以上のホストを追加する必要があります。

  3. Flannel を使用する場合、新規 etcd ホストを組み込むために、すべての OpenShift Container Platform ホストの /etc/sysconfig/flanneld にある flanneld サービス設定を変更します。

    FLANNEL_ETCD_ENDPOINTS=https://master-0.example.com:2379,https://master-1.example.com:2379,https://master-2.example.com:2379,https://etcd0.example.com:2379
  4. flanneld サービスを再起動します。

    # systemctl restart flanneld.service
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.