検索

23.6.3. システムリソースのリソース予約

download PDF

スケジューラー は、Pod 要求に基づいてノード上のすべての Pod に十分なリソースがあることを確認します。これは、ノード上のコンテナーの要求の合計がノード容量を上回らないことを確認します。これには、ノードで起動されたすべてのコンテナーが含まれますが、クラスターの範囲外で起動されたコンテナーやプロセスは含まれません。

ノード容量の一部を予約して、クラスターが機能できるようノードで実行する必要のあるシステムデーモン用に確保することが推奨されます (sshddocker など)。とくに、メモリーなどの圧縮できないリソースのリソース予約を行うことが推奨されます。

Pod 以外のプロセスのリソースを明示的に予約する必要がある場合、以下の 2 つの方法でこれを実行できます。

  • 優先される方法として、スケジューリングに利用できるリソースを指定してノードリソースを割り当てることができます。詳細は、ノードリソースの割り当て を参照してください。
  • または、クラスターによってノードでスケジュールされないように容量を予約するだけの resource-reserver Pod を作成することもできます。以下に例を示します。

    例23.1 resource-reserver Pod の定義

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: resource-reserver
    spec:
      containers:
      - name: sleep-forever
        image: gcr.io/google_containers/pause:0.8.0
        resources:
          limits:
            cpu: 100m 1
            memory: 150Mi 2
    1
    クラスターに認識されないホストレベルのデーモン用にノード上で確保する CPU の量です。
    2
    クラスターに認識されないホストレベルのデーモン用にノード上で確保するメモリーの量です。

    定義は resource-reserver.yaml のようなファイルに保存し、ファイルを /etc/origin/node/ または別の指定がある場合は --config=<dir> などのノード設定ディレクトリーに置くことができます。

    さらに、ディレクトリーを適切な ノード設定マップkubeletArguments.config パラメーターで指定し、ノード設定ディレクターから定義を読み取るようにノードサーバーを設定します。

    kubeletArguments:
      config:
        - "/etc/origin/node" 1
    1
    --config=<dir> が指定されている場合、ここでは <dir> を使用します。

    resource-reserver.yaml ファイルが有効な状態でノードサーバーを起動すると、sleep-forever コンテナーも起動します。スケジューラーはノードの残りの容量も考慮し、クラスター Pod を配置する場所を適宜調整します。

    resource-reserver Pod を削除するには、ノード設定ディレクトリーから resource-reserver.yaml ファイルを削除するか、またはこれを移動することができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.