検索

39.7. ローカルネットワークのデバッグ

download PDF

ここで通信できないものの、ノード間通信が設定された 1 つ以上のエンドポイントの一覧が表示されます。それぞれのエンドポイントについて問題点を特定する必要がありますが、まずは SDN が複数の異なる Pod についてノードでネットワークをどのように設定しているかについて理解する必要があります。

39.7.1. ノードのインターフェイス

以下は OpenShift SDN が作成するインターフェイスです。

  • br0: コンテナーが割り当てられる OVS ブリッジデバイスです。OpenShift SDN は、このブリッジにサブネット以外のフロールールも設定します。
  • tun0: OVS 内部ポート (br0 のポート 2) です。これにはクラスターサブネットゲートウェイアドレスが割り当てられ、外部ネットワークアクセスに使用されます。OpenShift SDN はクラスターサブネットから NAT 経由で外部ネットワークにアクセスできるように netfilter およびルートルールを設定します。
  • vxlan_sys_4789: OVS VXLAN デバイス (br0 のポート 1) です。これはリモートノードのコンテナーへのアクセスを提供します。OVS ルールでは vxlan0 として参照されます。
  • vethX (メイン netns 内): Docker netns における eth0 の Linux 仮想イーサネットのピアです。これは他のポートのいずれかの OVS ブリッジに割り当てられます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.