検索

15.8.10. SCC のユーザー、グループまたはプロジェクトへの追加

download PDF

SCC をユーザーまたはグループに追加する前に、まず scc-review オプションを使用してユーザーまたはグループが Pod を作成できるかどうかをチェックできます。詳細は、Authorization のトピックを参照してください。

SCC はプロジェクトに直接付与されません。代わりに、サービスアカウントを SCC に追加し、Pod にサービスアカウント名を指定するか、または指定されない場合は default サービスアカウントを使用して実行します。

SCC をユーザーに追加するには、以下を実行します。

$ oc adm policy add-scc-to-user <scc_name> <user_name>

SCC をサービスアカウントに追加するには、以下を実行します。

$ oc adm policy add-scc-to-user <scc_name> \
    system:serviceaccount:<serviceaccount_namespace>:<serviceaccount_name>

現在の場所がサービスアカウントが属するプロジェクトの場合、-z フラグを使用し、<serviceaccount_name> のみを指定することができます。

$ oc adm policy add-scc-to-user <scc_name> -z <serviceaccount_name>
重要

上記の -z フラグについては、誤字を防ぎ、アクセスが指定されたサービスアカウントのみに付与されるため、使用することを強く推奨します。プロジェクトにいない場合は、-n オプションを使用して、それが適用されるプロジェクトの namespace を指定します。

SCC をグループに追加するには、以下を実行します。

$ oc adm policy add-scc-to-group <scc_name> <group_name>

SCC を namespace のすべてのサービスアカウントに追加するには、以下を実行します。

$ oc adm policy add-scc-to-group <scc_name> \
    system:serviceaccounts:<serviceaccount_namespace>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.