検索

24.3. スケジューリング用のリソース量の設定

download PDF

スケジューラーがノードを完全に割り当て、エビクションを防止できるようにするために、スケジューリングで利用できるノードリソースの数量を制御できます。

system-reserved を、Pod のデプロイおよび system-daemon 用にスケジューラーで利用可能にするリソース量と等しくなるようにします。system-reserved リソースは、sshd および NetworkManager などのオペレーティングシステムのデーモン用に予約されています。エビクションは、Pod が割り当て可能なリソースの要求量よりも多くのリソースを使用する場合に生じます。

ノードは 2 つの値を報告します。

  • Capacity: マシンにあるリソースの量です。
  • Allocatable: スケジューリング用に利用できるリソースの量です。

割り当て可能なリソースの量を設定するには、適切な ノード設定マップ を編集して、eviction-hard または eviction-softsystem-reserved パラメーターを追加するか、または変更します。

kubeletArguments:
  eviction-hard: 1
    - "memory.available<500Mi"
  system-reserved:
    - "memory=1.5Gi"
1
このしきい値は、eviction-hard または eviction-soft のいずれかになります。

system-reserved 設定に適切な値を決定するには、ノード要約 API を使用してノードのリソース使用状況を判別します。詳細は、割り当てられたリソース用のノードの設定 を参照してください。

変更を有効にするために OpenShift Container Platform サービスを再起動します。

# systemctl restart atomic-openshift-node
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.