検索

16.6.6. 優先順位およびプリエンプションの無効化

download PDF

Pod の優先順位およびプリエンプション機能を無効にできます。

この機能が無効にされた後に、既存 Pod はそれらの優先順位フィールドを維持しますが、プリエンプションは無効にされ、優先順位フィールドは無視されます。この機能が無効にされると、新規 Pod に優先順位クラス名を設定できません。

重要

クラスターがリソース不足の状態にある場合、Critical Pod のスケジューリングにはスケジューラーのプリエンプションが使用されます。このため、プリエンプションを無効にしないことが推奨されています。DaemonSet Pod は DaemonSet コントローラーによってスケジュールされるため、プリエンプションを無効にしても影響を受けません。

クラスターのプリエンプションを無効にするには、以下を実行します。

  1. schedulerArgs セクションの disablePreemption パラメーターを false に設定するように master-config.yaml を変更します。

    disablePreemption=false
  2. 変更を有効にするために OpenShift Container Platform マスターサービスおよびスケジューラーを再起動します。

    # master-restart api
    # master-restart scheduler
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.